薬剤師 働き方

薬剤師の働き方について

薬剤師の働き方について

薬剤師,働き方

薬剤師として仕事をするには、大学の薬学部で専門的な知識を学び、卒業時に国家試験に合格する必要があります。それが取れると、晴れてこの仕事に就くことができるというわけです。 働き方はさまざまであり、フルタイムで働くことも出来れば、パートやアルバイト、派遣などでの形態もあります。 パートやアルバイトというのは、女性で家庭があったりすると、短時間の勤務や週に数日の勤務が都合良かったり、男性でも掛け持ちで空いた時間に数時間働く場合や、大学院生などでは国試に合格して資格はあるけれど、本業の大学院での勉強があるので、少し時間で働くなどといった場合など、人によってさまざまです。 派遣では、派遣会社から一定期間の契約で現場に行くような形態の働き方になるので、次々違った薬局やドラッグストアなどになるのです。これは、精神的・肉体的に負担がかなりあるものですが、その分アルバイトやパートなどよりも時給がいいのが特徴です。 フルタイムでは、ボーナスもあるし、安定した収入を得ることができます。こだわりがなければ、かなり求人もあるので、転職や再就職でも可能になるのです。 このように、薬剤師として働くにはいろいろな働き方があり、自分のライフスタイルに合わせた方法をとるといいでしょう。 115

タイプ別にみた薬剤師の特徴って?

薬剤師,働き方

薬剤師は資格を取得した後、様々な場所で働くこととなります。 ですがその働き方は大きく分けて「調剤薬局やドラッグストアなどの消費者に直接接するタイプ」と「製薬会社に勤務して消費者とは直接接さないタイプ」の二つのタイプに分類することができるのです。 ではそれぞれをタイプ別に見ていくと、どういった特徴があるのでしょうか。 まず消費者に接する、ドラッグストアや調剤薬局のタイプですが、こちらの薬剤師の働き方としての特徴は何といっても「働き方が多様」ということです。 ドラッグストアや調剤薬局は全国各地に存在していますし、非正規雇用や正規雇用など、様々な働き方を選ぶことができます。 加えて消費者と直接接することができるため、実際に自身が関わる医薬品が誰に使用されるのかということを見ることができるという特徴があります。 対して消費者に接さない製薬会社勤務のタイプですが、これは薬剤師のなかでもごく限られた人がなるタイプです。 製薬会社に勤務することの最大の特徴となるのが「待遇が良い」ということです。 一つの製薬会社に雇用され、かつ新薬開発などに参加することになった場合はかなりの高水準の給与を期待できるでしょう。 中には年間800万円以上の給与を得ているという人もいますから、スキルアップをしていくことができたのであれば待遇は他の職業と比較してもかなり好待遇になります。 しかしその反面、仕事は「長期スパンの仕事が多い」という特徴もあり、実際に自分の成果が形に出るのが数年後や、十年以上後ということもありますから、根気強さが求められるのも事実です。 薬剤師と言ってもその働き方は一つではないといえるのです。 116
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
117